北海道自動車業界のオピニオンリーダー!

タイヤ
バックナンバーロゴ
10月21日号


10年度上半期の新車総販売台数実績
10年度上半期認証工場の新規・廃止状況
約1千人が呼び掛け街頭で安全啓発
エコカーフェスティバル2010に札車協青年部が出展
トヨタ環境セミ、道内で初の開催
札幌トヨタ技術コンクールで日向選手が優勝
デンソー北海道で道内初のセキュリティラウンジ開設
USS札幌スーパー中古車市に8,000人来場
09年度自動車保有動向調査結果発表

週間ニュースの詳しい内容は
本紙に掲載しております!!


新車販売エコ頼り
減税、燃費アピール
メーカー
ディーラー
反動減対策急ぐ
 2010年度上半期(4〜9月)の新車販売は、道内、全国ともに8月まで持続したエコカー補助金による備蓄で前年を上回る実績を維持した。しかし、補助金が終了した9月は「予想以上に早い反動減」が販売現場を直撃、今後の展開に厳しい見通しが広がっている。メーカーの支援策を活用、この失速をどこまで食い止めることができるか、ディーラー各社の取り組みが慌ただしさを増している。
 「エコカー減税はまだまだ続きます」。そんな売り文句が新聞の折り込みチラシに踊り、「減税」をアピールするのぼりが冷たさを増した秋風にはためいている。
 エコカー減税は2012年春まで続く。「この特典を知らないユーザーは多い」――札幌トヨタは9月の営業スタッフ決起大会で、補助金終了後のセールスポイントに「減税継続」を強調した。予想以上に早い補助金終了のリアクションに、各社が切り札として期待するのは、エコカー減税の恩恵が大きいハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)。国内メーカーが新型車を次々と市場に投入している。
10年度上半期前年上回る
登録車17%増 〈北海道〉
 
 2010年度上半期(4〜9月)の新車販売総台数(軽自動車を含む)は、エコカー補助金制度の延長などを背景に北海道、全国とも5期ぶりに前年水準を上回った。伸び率も2ケタ台となり、本道は3期ぶりの10万台、全国は4期ぶりの250万台を回復した。ただ、9月上旬にエコカー補助金が終了した同月の販売台数は早くも減少に転じ、関連業界は今後の反動の行方に注視している。

10年度
上半期
過半数占める専業
認証工場 新規・廃止状況
廃止傾向さらに続く
 
 今年度上半期(4〜9月)の道内認証工場の廃止件数は、過去最高だった前年同期(57件)を下回ったものの、専業の「自己都合」やディーラーの「事業合理化」による廃業が相次ぎ、半期で41件と引き続き高い水準だった。未認証問題から急増していた新規件数は36件と同問題以前の水準に落ち着いているだけに、道内整備工場の減少傾向がより鮮明になってきた。

幹線2 ` に黄色の小旗
約1千人が呼び掛け
街頭で安全啓発
街頭啓発
 
 札幌市内の東部地域を貫通して新千歳空港へ抜ける幹線道路・国道36号線沿いで15日、地域の約1千人を超える住民が参加して交通安全を呼びかける大がかりな街頭啓発が行われ、札幌トヨペット、北海道マツダなど新車ディーラー、レッカー業の協栄車輌などが参加した。

創る楽しさ伝える
エコカーフェスティバル2010
手作りカー、次世代車――┐
└――試乗、デモ走行で競演
札車協
青年部
リサイクルカー出展
エコカーフェス
 
 自動車技術会北海道支部や北海道らしい次世代自動車普及促進イベント実行委員会などが主催する「北海道ハンドメイド エコカーフェスティバル2010」が17日、北海道自動車短期大学を会場に開かれた。会場内には学生らが手作りしたソーラーカーやEV、フォーミュラカーのほか、市販のEV、HV、クリーンDEなど次世代車が勢ぞろい。また札幌地方自動車車体整備協同組合(小林岐世司理事長)青年部(滝川勲伯部長)がリサイクルパーツで修理した車を展示するなど、訪れた市民らに環境に優しいエコカーをPRした。

トヨタ環境セミ
道内初の開催
トヨタレンタリース札幌
 
 トヨタ自動車は15日、全国のトヨタレンタリース店と共催で全国展開している道内初の「環境セミナー」を札幌千代田ビルで開催=写真上。トヨタレンタリース札幌(伊勢勇社長)の取引企業65社から72人が出席した。1階駐車場では家庭の電源で充電できるプラグイン・ハイブリッド(PHV)のデモ展示=写真下=も行った。

選抜11人が技競う
=札幌トヨタ技術コン=
上位の2人
道地区大会へ
日向選手が優勝
札幌トヨタ技術コン
 札幌トヨタ自動車(石本康平社長)は11日、「平成22年サービス技術コンクール」を銭函のトレーニングセンターを会場に開いた。8月に開いた学科競技の上位11人が出場、同社役員や各拠点からの応援者が見守る中、実車による点検と診断の技術力を競った。

セキュリティ
ラウンジ開設
デンソー北海道
デンソー北海道
 
 デンソー子会社のデンソー北海道(五十里浩輔社長)は今月1日、同社の西営業所内に防犯専門の「セキュリティラウンジ札幌西」(札幌市西区八軒)を出店した。セキュリティメーカ・加藤電機(愛知県半田市)が全国展開している防犯専門店で、道内2店目、全国では18店舗目の展開。デンソーによる経営は道内では初めて。

中古車人気再び
USS札幌 スーパー中古車市
2日間で303台成約
札幌ドームに8,000人
スーパー中古車市
 ユー・エス・エス札幌(USS札幌、安藤之弘社長)は16、17日の両日、恒例の「スーパー中古車市」を札幌ドームで開いた。ドームの集客効果や来場・成約特典、大抽選会やビンゴ大会といった多くの企画を打ち出したこともあって両日で7,940人が来場、成約台数は303台だった。

高齢化の$ィい鈍化
―09年度自動車保有動向―
補助金で代替え進む
平均車齢 乗用 7.56年
貨物 9.62年
 自動車検査登録情報協会(後藤悦治郎理事長)が発表した今年度版の「わが国の自動車保有動向」によると、今年3月末現在の乗用車の平均車齢は7.56年と18年連続で延びたものの伸び幅は低く、高齢化の勢いにブレーキがかかった。同会では「環境対応車に対するエコカー減税や購入補助金によ代替えと低年式車の廃車が進んだ影響」とみている。ただ、平均使用年数(乗用)は前年よりも1年以上も伸びており、車を長期間使用する傾向に変化はない。
保有動向グラフ