北海道自動車業界のオピニオンリーダー!

タイヤ
バックナンバーロゴ
3月17日号


道内自動車業界、大震災に記念行事自粛ムード
北自協が本番さながらの救命実習

室整振が緑の募金に点検キャン協賛金寄贈
札整振経営セミナーでコンビニの地域密着戦略学ぶ
道電装商組旭川支部ではHV・EV車の初講習
ブロードリーフ、中古部品販路拡大へオプション機能追加
TAAのT-webが会員の要望受け内装画像追加
最盛期迎えセリ活発〜道内AA会場、タマ不足で強い応札
JU室蘭、4月2日から土曜日開催へ

週間ニュースの詳しい内容は
本紙に掲載しております!!


東北地方太平洋沖地震のお見舞い
 
 今月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により被災されました皆様に、心からお見舞い申し上げますとともに、1日も早い復旧をご祈念いたします。
 
平成23年3月17日        
株式会社 陸運情報社

意識新たに挑戦を
定期点検整備 来月、促進運動スタート
 
 カーユーザーに安全の確保や公害防止に必要な自動車の構造、点検・整備に関する知識の普及を図る「定期点検整備促進運動」(以下定期点検運動)が、今年も4月1日からスタートする。法は自動車使用者に日常点検に加え定期点検整備を義務づけ、関係業界はその必要性を訴え続けてはいるが、実施率の低迷は特に整備専業で際立っている。事業環境が大きく変わりつつある中、運動の抜本的な見直しが求められているようだ。 ステッカー
実施率見える化≠フ切り札は
ステッカーの貼付チェック
道    内
自動車業界
東日本大震災 広がる憂慮
記念行事 自粛の動き相次ぐ
 
 日本国内を震撼させ今もなお、多くの人々が行方不明になっている「東日本大震災」の影響を重く受け止め、道内の自動車関連業界では予定していた祝賀会やセレモニーを取りやめるケースが相次いでいる一方、被災地に対して義援金を送る動きが出始めている。
 16日に創立30周年の祝賀会開催を計画していた苫小牧自動車販売店協会(大島光太郎会長)は、前段の総会のみの開催に留め、祝賀会にかかる費用を義援金として送ることを決定。
 また同日、道内初のEVタクシー出発式を開いたダイコク交通(紫藤正行社長)でも、当初計画した石狩市長や石狩商工会議所会頭などの来賓出席による華々しいセレモニーを取りやめ、簡単な出発式に変更した。
 このほかリサイクルパーツ販売のエス・エス・ジー(浜田泰臣社長)でも19日に開催する総会後の懇親会の中止をすでに決定している。また、企業単位でも今月に予定が多い送別会を見送る企業も出ているなど、大震災の影響を憂慮した自粛ムードが道内自動車業界にも広がっている。

実習 本番さながら
北自協 2回目の救命講習
救命講習会
 
 北海道自動車処理協同組合(北自協、南可昭理事長)は札幌市消防局と共催して12日、昨年に引き続き第2回目の「救命講習会」を札幌市西区のポリテックセンター北海道で開催した。
 この講習会は、廃自動車の処理に伴う日常業務には危険性が高いことから、組合員の労働安全対策の一環として実施しているもので、同日は札幌市西消防署の梅坪義人警防課八軒出張所長ら8人の署員が指導役を努め、札幌圏の札幌、札幌西、石狩、室蘭の4支部から42人の組合員が参加した。

緑の募金に80万円
室整振 点検キャン協賛金
 
 室蘭地方自動車整備振興会(古戸寅雄会長)は、昨年の点検キャンペーンで取り組んだ「グリーン&セイフティ」の協賛金を“植樹などに役立てて”と管内の両振興局を通じ道内で緑化事業に取り組む北海道森と緑の会(堀達也理事長)「緑の募金」に寄贈した。7日に浦河の振興局、8日に室蘭の胆振総合振興局を古戸会長、山本修一専務が訪れ、同会の角舘盛雄副理事長に浄財(80万円)を贈った。

人口減社会生き抜く
札整振 経営セミナー
コンビニの地域密着戦略
札整振セミナー
 
 札幌地方自動車整備振興会(薄浩志会長)は11日、道内コンビニエンスストア最大手のセイコーマート・丸谷智保社長を講師に招いた経営者・管理者セミナーを同会で開いた。会員などの工場経営者ら約70人が出席、同社の地域密着戦略を聞いた。

HV・EVを学ぶ
道電装商組旭川支部
初の講習会開く
電装商組旭川
 
 北海道自動車電装品整備商工組合旭川支部(山内弘次支部長)の教育委員会(守田勇委員長)は12日、「ハイブリッド車・電気自動車」の技術講習会を市内永山の千代田電装工業永山サービスセンターで開催。会員12社からサービスマン19人が受講した。

ブロードリーフ 中古部品販路拡大へ
楽天オークションと連携
 自動車アフター市場向けのシステム販売大手、ブロードリーフ(東京都品川区、大山堅司社長)は、リサイクル部品の登録から検索、受発注、在庫管理などが行える現行の「リサイクルセブンPRO」を全面刷新した新モデル「PM.NS RC(ピーエムドットエヌエス アールシー)オプション」(3月下旬発売)に、“楽天オークション”と連携できるオプションを追加設定する。「オークション連携オプション」に従来のヤフーに加え楽天を追加するもので、インターネットオークションとの連携充実を図り、リサイクル部品の更なる流通活性化を目指す。楽天連携機能は5月から販売する。
 
ブロードリーフ

T-web内装画像追加
TAA
会員の要望受け
全10会場で共通撮影
 
 TAAを運営するトヨタユーゼック(千葉市、向井英夫社長)は、インターネットサービスの「T−web(ティーウエブ)」で、これまでの外装画像に加え内装画像を3月末から順次、追加掲載する。
 昨年ウェブ会員に行った「追加してほしい新機能」のアンケートで、内装画像掲載を求める声が最も多く、その要望に対応したもの。

今年度最高の成約
JU札幌 青年部担当AA
TAA北海道3大企画第1弾
春まつり 成約率63.7%
 
JU札幌

土曜日開催へ
―JU室蘭
4月2日 青年部担当から
 JU室蘭(亀谷裕会長)は4日開いた理事及び流通委員による緊急会議で、現在金曜日に開催しているオークションを4月から土曜日に移すことを正式に決めた。スタート時間は従来と同じ午前11時から。