北海道自動車業界のオピニオンリーダー!

タイヤ
バックナンバーロゴ
5月19日号


全道的に広がる「安全・安心」への取り組み
東京モーターショー、12月に10日間ビッグサイトで開催

カーコンビニ倶楽部がカーベルと業務提携で100円レンタカー事業へ
融雪剤による故障多発で三菱自動車が注意喚起
自販連帯広がオリジナルの交通安全冊子を作成、街頭啓発も
自販連北見で交通安全大会
JAF札幌はドレミぐるーぷ公演で交通安全啓蒙
札整振青経会が将来の整備工場へのモデル設計を冊子とDVDに
あいおいニッセイ札幌支店、役職員募金で車いす寄贈
交通安全運動に連携、全道統一街頭検査始まる

週間ニュースの詳しい内容は
本紙に掲載しております!!


絆が育む「安心・安全」
全国交通安全
道内スタート
かつてない広がり
 
 地震・津波そして原発事故――東北3県を襲った災害の連打に日本列島が揺れ、暮らしの安全に対する国民の意識がかつてなく高まっている。道内被害地もようやく回復しつつあるものの、伝えられる被災地の暮らしぶりは、「安全・安心」に対する貴重な教訓を投げかけた。11日からスタートした今年の全国交通安全運動が、かつてない広がりを見せていることに、危機意識の強さが覗く。
各分野から多数
札幌で道民集会
道民集会
 
 本格的な行楽シーズンを迎え、交通事故の防止や地域の防犯意識向上を呼びかける道や道警の「安全・安心道民集会」が10日、京王プラザホテル札幌で開かれた。春の地域安全運動、春の全国交通安全運動、子ども・若者育成への支援運動と連動した取り組みで、市内の関係団体から約500人が参加した。
 東日本大震災の被災地に向けて黙祷を捧げた後、高橋はるみ道知事が「安全で安心して暮らせる社会の実現には人と地域との絆が大切」とあいさつ=写真。殿川一郎道警本部長は「犯罪の抑止、事件・事故の防止には心の結びつきを広める活動が欠かせない」と協力を訴えた。
 集会では札幌大谷幼稚園の園児27人が「子ども賛歌」を披露、代表して笹田陸太くん、内田菫さんが「あいさつとたすけあいを忘れずに、左右を見て横断歩道をわたりましょう」とメッセージを読み上げ、知事にそのメッセージを手渡した。
 
運輸3団体が
走る広報車
走る広報車
 
 バス、トラック、タクシーの運輸3団体は、地域の公道を常用する特性を活かし地域の住民に交通事故や犯罪の防止に営業車を広報媒体として活用しようと結束。東北被災地復興へのエールも込め、「安全・安心 がんばろう日本」の呼びかけを印字した標章ステッカー、標章(三角)旗を作成、車体に掲示して運行を始めた。
 11日、各協会に所属する事業所からバス、トラックそれぞれ3台とタクシー5台の計11台が参加し、バス・トラック用の標章ステッカー、タクシー用標章旗の交付式、出発式を市内厚別区の札幌トラックステーション駐車場で行った=写真
 
高速PAで
タイヤ点検
NEXCO北海道
NEXCO北海道
 
 市内厚別区の東日本高速道路北海道支社は11日、道警や高速道路交通安全協議会、など関係機関と合同で、春の全国交通安全運動出動式、交通安全街頭キャンペーンを道央自動車道輪厚パーキングエリアでスタートさせた。
 日本自動車タイヤ協会、北海道運輸局、道警高速隊と取り組む交通安全キャンペーンでは、最近急速に増えているタイヤ事故に焦点を合わせ、タイヤの点検と走行前の車両点検を実施。同日は、33台を点検し1台に不具合を見つけ、重大事故の未然防止に欠かせない日々の点検、自己管理の重要性を指導した。

東京モーターショー 12月に10日間
ビッグサイト開催
国内外175社が出展
 
 日本自動車工業会(自工会、志賀俊之会長)は、今年開催する「第42回東京モーターショー2011」の実施概要について発表した。会場は24年ぶりに東京に戻り、東京ビッグサイト(江東区・有明)で12月2日(金)から11日(日)までの10日間(一般公開は12月3日(土)から)開催する。

新商品に100円レンタカー カーコン
倶楽部
カーベルと業務提携
FC店支援策を提案
カーコンレンタカー  
 カーコンビニ倶楽部(林成治社長)は9日、独自の車両ローンによる新車販売と「100円レンタカー」のFC事業を展開するカーベル(東京都中央区、伊藤一正社長)と、レンタカー事業で業務提携すると発表した。
 カーベルが展開する「100円」レンタカーは、利用者に10分刻みのスケジュールで自動車を貸し出しできるようにしたビジネスモデルで、同社が昨年1月からFC事業を開始、現在全国120店舗が同事業を展開している。

融雪剤で故障多発 三菱自動車
整備工場に注意喚起
 
 三菱自動車は、寒冷地で冬期間に散布される凍結防止剤の影響で自動車部品の腐食が進んでいることを受け、点検整備上の注意点を日整連の広報誌を通じて各整備工場に呼び掛けている。同社のアイやミニキャブなどで腐食によるエンジンオイルやATF漏れに至ったケースが発生、中には走行できなくなった車も出ている。
 同社ではユーザーに対して融雪剤を撒いた道路を走った後には直ちに洗車することを取扱説明書などで呼び掛けているが、手入れが行き届いていないのが実態で、腐食による車両トラブルが出ているという。

人と車を守るワンポイントメッセージ
着眼、ディーラーならでは
まず、家族から実行へ
自販連帯広が手引書
ワンポイントアドバイス
 
 自販連帯広支部交通安全対策推進協議会(薄健会長)はこのほど、七つの交通安全ワンポイントをまとめたオリジナルのハンドブック=写真=を作成。春の全国交通安全運動初日の11日、夜光反射材のシールを添えて会員ディーラー各社の全職員約1400人に配布し、交通安全に向けた新たな意識啓蒙を図っている。
 ハンドブックは「交通事故から大切な人とあなたの愛車を守るため」の“メッセージ”として、@全席シートベルト着用のお願いA運転中の携帯電話使用禁止B黄色信号は止まれC一時停止と3秒ルールの徹底Dスピードダウンで高齢者を守るE飲酒運転の撲滅に協力F事故発生時の処置―の7項目の具体的な内容を載せながら呼び掛ける形で作成した冊子。
 
おはよう街頭啓発
160人で旗の波
おはよう街頭啓発
 
 また同会は12日、春の全国交通安全運動(11〜20日)の実施期間に合わせて「ディーラー職員おはよう街頭啓発」を大通1丁目交差点で展開=写真。参加した約160人のディーラー職員が安全旗を手に通過車輌の運転者に交通安全を呼び掛けた。
 年4回の交通安全運動期間にディーラー各社が拠点前で行っていた街頭啓発を改め、昨年から春秋の年2回にディーラー職員が一堂に会した大規模な交通安全啓発を展開している。

率先垂範で安全運転を
自 販 連
北見支部
交通安全大会開く
北見支部安全大会
 自販連北見支部(神田昌明支部長)は13日、平成23年度交通安全大会=写真=を北見芸術文化ホールで開催。傘下15社と事務局を含む従業員380人が今年度1年間の安全運転を誓い合った。

J A F
札幌支部
身につけよう交通安全
ドレミぐるーぷが公演
ドレミぐるーぷ
 
 日本自動車連盟(JAF)札幌支部(杉本亙支部長)は13日、交通事故防止を呼びかける「JAF交通安全ドレミぐるーぷ」公演を市内西区の宮の沢桃の花保育園(杉生正江園長)の遊戯ホールで開き、行天賢次副参事ら事務局職員はじめ、北海道警察本部の交通課関係者らが出席した。
 「JAF交通安全ドレミぐるーぷ」は子供たちを対象に、公益活動の一環としてボランティアグループを主体に、07年4月に結成され、幼稚園児・保育園児や保護者を対象に、音楽演奏などを通じて交通安全の啓蒙活動を行っている。同支部は07年10月に活動を開始し、今回の公演で節目となる50回目を迎えた。

選ばれる整備工場
札整振
青経会
モデル設計を冊子に
札整振青経会
 
 整備工場の将来像をテーマに検討を重ねてきた札整振青年経営研究会(野上淳二会長)は、「将来の整備工場のモデル設計について」とした冊子をまとめた。またその付録として点検の大切さ訴える店頭用DVDと、消耗品(11項目)を交換する必要性を分かりやすく伝える説明用ツール(CD)も製作、配布した。
 冊子では整備売り上げ高が減少する一方で工場数が拡大している整備業の厳しい実態を捉えた上で、既存客囲い込み・リピーター作りに対応する入庫促進法の具体策や顧客接点を増やす活動といった「営業業務」、ユーザー接客のカギを握る「フロント業務」での対応法、また実際の整備作業の効率化(経費削減法)や作業ミス軽減に向けた取り組みを具体的に提示した。
 また入りやすい店づくりでは、そもそも整備工場は全くの予備知識なしで来店する場所ではないとの認識のもと、入りづらいと思う箇所の指摘や逆に入りやすい店のスタイル、駐車場や店舗入り口、待合室のあり方などを具体的に示した。ここの総括では工場のイメージが統一されひと目でわかるポールサインのような看板設置を提案しており、付録のCDに工場のサービス内容が解るイメージ図を納めた。

役職員募金で
車いすを寄贈
あいおいニッ
セイ札幌支店
あいおいニッセイ
小林理事長(左)と釘宮支店長(中央)
 あいおいニッセイ同和損害保険北海道本部札幌支店(釘宮亮太郎支店長)は12日、社内の「役職員募金制度」による浄財で購入した車いす1台を、札幌市内東区の社会福祉法人「愛和福祉会」(小林寛理事長)に寄贈した。

全道統一街頭検査始まる
札幌・小樽
先陣切る
交通安全運動に連携
小樽街頭検査
札運支局が小樽で実施した街頭検査
 
 春の交通安全運動(11〜20日)の期間中、北海道運輸局は16日の小樽を皮切りに各運輸支局管内で今年最初の全道統一街頭検査に乗り出した。6月からの不正改造車排除強化月間を控え、灯火類の点灯や排気ガスの状態などを重点的に点検する。