北海道自動車業界のオピニオンリーダー!

タイヤ
バックナンバーロゴ
9月 1日号


貸し切りバス事業 道内4社、全国21社認定
有償運送許可研修
マイカー5年ぶり増
旭山動物園へ親子ツアー募集
釧根地区交通育英会 更なる遺児の支援へ
道内Gマーク
北海道AD倶楽部 社員教育テーマに
札幌モーターショー2012開催決定
JUサマーキャンペーン
トヨタレンタリース旭川 道内・東北認定第1号

週間ニュースの詳しい内容は
本紙に掲載しております!!


道運輸局
自整業ビジョン課題に
北整連正副会長会
転換期の事業再検
 
会長会  北海道自動車整備連合会(柿本純会長・札整振会長)は25日、平成23年度北整連正副会長会を旭川市内で開催=写真。前年度会議で示された要望事項に対する進捗状況の報告、「自動車整備業のあり方ビジョンU」に関する講演などを行った。

 今年の正副会長会には道内7地区の三役ほか、北海道運輸局の八鍬隆局長や開催地の橋博之旭川運輸支局長、日本自動車整備振興会連合会の下平隆専務理事など多くの来賓が出席。講演会講師にみずほ情報総研の中本隆宏シニアコンサルタントを迎えた。
道内4社、全国21社認定
貸し切りバス事業 安全性評価認定制度第1号
 
 日本バス協会は、今年度実施した「貸切バス事業者安全性評価認可制度」に基づき、安全確保への取り組みが優良な事業者に道内の4社を含む全国21社を初めて認定した。北海道運輸局が先月22日発表した。
 道内からの認定第1号事業者は、北海道中央バス(平尾一彌社長、小樽市)、札幌第一観光バス(上杉和彦社長、札幌市)、空知中央バス(久保田勝利社長、滝川市)、ニセコバス(高林永次社長、ニセコ町)の中央バスグループ各社。

有償運送許可研修
日整連も実施団体に
 
 開催地旭整振の吉田裕会長を議長に、議事では前年度正副会長会後の@前検査車両への対応A後継者育成問題―についての経過報告。とナンバープレートカバーの規制などの要望事項に対する進捗状況についての報告が行われた。
 なお、ナンバープレートカバーの規制については「現在は協議中であり、規制に至っていない」と、道運輸局自動車技術安全部の竹下了志部長が経過を含めて報告。回送運行許可制度の適用業種及び使用要件の拡大に対する要望については、「輸出入する車両をモータープールに移送する際にソフトプレートを限定・特例的に取り扱っており、その基準改正が終わり次第、整備事業者の回送運行許可について検討することになっている」と説明した。

マイカー5年ぶり増
国内世帯当たり台数 自動車登録会調べ
全国42位 道内普及は縮小
 
 自動車検査登録情報協会(後藤悦治郎理事長)がまとめた今年3月末現在の自家用乗用車(登録乗用と軽乗用の合計)の一世帯当たり(全国)普及台数が5年ぶりに前年実績を上回った。世帯数の伸びが少なかったことに加え、新車販売がエコカー補助金などの効果で増加しその分、保有台数の増加幅も拡大したことが要因。道内の普及台数は1・003台(前年は1・008台)で前年比減少、全国順位は前年と同じ42位だった。

旭山動物園へ親子ツアー募集
21日締切り
 
 北海道旅客鉄道や北海道運輸局など鉄道関係者でつくる「鉄道の日」北海道実行委員会(事務局=道運輸局)は、今年もイベント列車「旭山動物園号」で10月8日に実施する「親子ツアー」の参加者を募集する。参加費用は無料、募集人員は60組120人、締め切り日は今月21日必着(応募要領は別項)。

 ▽応募条件=小学生1人と親(または成人)1人のペア(複数応募可)。
 ▽応募方法=はがきに@郵便番号・住所・電話番号Aペアそれぞれの氏名(ふりがな)と子どもの年齢(学年)を記入。
 ▽応募先=〒060―0807 札幌市北区北7条西4丁目5―1(110伊藤ビル)(財)北海道運輸交通研究センター
※応募者多数の場合は抽選となり、当選者には「ツアーのしおり」の発送(27日予定)を以て通知する。

財団から公益財団に
釧根地区交通育英会
更なる遺児の支援へ
 
 財団法人釧根地区交通育英会(深谷晋也理事長)は、公益法人制度改革により公益財団法人に移行すべく申請を行っていたが、このほど北海道知事の認定が下り、9月1日に登記を完了、公益財団法人釧根地区交通育英会としてスタートを切った。

11年度申請受理401事業所に
道内Gマーク
 
 トラック運送事業所が目指す安全性の確保に向けた取り組みを評価する2011年度「貨物自動車運送事業安全性評価事業」(Gマーク制度)の申請受理状況がまとまった。
 7月1日から14日までの受け付け期間中、道内窓口の北海道貨物自動車運送適正化事業実施機関(北海道トラック協会)が資格要件を満たし申請を受理した事業所数(新規、更新を含む)は、前年度(326事業所)より75件多い401事業所。このうち、新規申請は同42件増の177事業所だった

9日、物流フォーラム
北海道AD倶楽部
社員教育テーマに
 
 異業種交流会の北海道AD倶楽部(事務局=あいおいニッセイ同和損保)は、貨物運送事業者対象の「札幌物流フォーラム」を9月9日、札幌千代田ビル(11階会議室)を会場に開く。

 申し込みは同倶楽部(TEL011―728―0101、FAX728―1354)まで。

札幌モーターショー2012開催決定
来年2月17〜19日
札幌ドーム、10万人見込む
高橋知事
 
 国内外の自動車メーカーが初めて参加する道内では過去最大規模のモーターショーが来春、札幌市で開催されることになった。北海道自動車産業集積促進協議会(代表=高橋はるみ知事)が6月の今年度総会で開催を内定し、先月24日に札幌グランドホテルで開かれた「札幌モーターショー2012」第1回実行委員会で実施概要を正式に決定した。
 来年2月17〜19日の3日間、札幌ドーム(豊平区羊ヶ丘)で開く。札幌モーターショーは東京、大阪、福岡に次いで国内5番目の開催で、会期中、10万人の集客を見込むビッグイベント。今月中に公式サイトを開設し、官民一体の態勢で準備を進める。
 実行委(委員長・村田正敏北海道新聞社長)は名誉会長に高橋知事、上田文雄札幌市長が就任、顧問に和田北海道経済産業局長、八鍬隆北海道運輸局長、柿本純四輪ゾーン組織委員長(自販連札幌支部長)ら9人、運営委員に竹下了志道運輸局自動車技術安全部長ら12人が選任されている。

釧路達成率全国2位に
JUサマーキャンペーン
 
 JU中販連が7月1カ月間にわたり展開した「JUクレジットサマーキャンペーン」の実績が確定した。道内では釧路(古谷龍彦会長)が目標達成率(136・5%)で全国2位となったほか、6億円近い売り上げをあげた札幌(問谷功三会長)が実績で全国8位に入った。

道内・東北認定第1号
トヨタレンタリース旭川
三井住友Gマスタ−ズ
認定証授与式
 
 トヨタレンタリース旭川(西木薫社長)で17日、三井住友海上火災保険の「グランドマスターズ代理店」認定の認定証授与式が行われた=写真。北海道・東北エリアのトヨタレンタリース店での認定は1番目(同時認定・トヨタレンタリース新札幌)。西木社長は「今後も総合保険販売力の向上に努め、お客様の信頼に繋げていきたい」と話している。