北海道自動車業界のオピニオンリーダー!

タイヤ
バックナンバーロゴ
6月14日
第2289号


AIRジャパン 全国会長に丹野氏 道内から2人目
トヨタ自動車 PHV・EVと家庭用電源を相互利用するシステム開発
辻商会 旭工高3年生が見学
札車協 人材育成に金属塗装士講習会開く
国交省 新規格超小型%ア入のガイドライン発表

週間ニュースの詳しい内容は
本紙に掲載しております!!



 
農業用トラックの有効期間問題
十勝の車検延長に異議
道フード特区に意見書
トップカット
農家で活躍する貨物自動車
 北海道自動車整備連合会(柿本純会長)は、7日開いた総会席上で、“北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区”(以下=道フード特区)を推進する同協議会が求めている農業用貨物車の車検の有効期間延長に対して、点検を通じて安全確保に取り組む整備業界にとっては受け入れ難い内容として改めて反対の姿勢を示した。
 同会では4月に同協議会に対して車検延長に対する意見・要望書を提出、また帯整振でも同会の帯広・十勝連絡会に同様の反対意見を提出している。
  この特区が求めているのが農業や研究開発、販路拡大関連の規制緩和や特例措置。この中で帯広・十勝地区では「安全で高品質な農畜産物の生産」を進めるため、農業関連施設の建築基準緩和とともに、農作業に使用する貨物車の車検の有効期間を現行の1年から2年に延長することを求めている。その理由は「農作業で使う自家用車は収穫農産物の運搬など限定的な使途で使用、農閑期や冬期間はほとんど使用しない」ためとしている。
 

丹野氏が全国会長
AIRジャパン 道内から2人目
 
 損害保険ジャパンの自動車整備工場代理店で組織しているAIRジャパンは7日、同社本社(東京都新宿区)で「第11回全国理事会」を開催した。任期満了に伴う役員改選では武居謙之会長に代わって、北海道ブロック長で常任理事の丹野司氏(日北自動車工業社長)を新会長(7代目)に選任した。
 道内からのAIR全国会長の選出は、1986年(昭和61年)から3期6年にわたって会長(3代目)を務めた瀧川巖氏(滝川自工相談役)以来2人目となる。
 

PHVが家庭用電源に
―トヨタ自動車が開発―
満充電で4日使用可能
 
 トヨタ自動車はプラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)などの電気利用車両と住宅間との間で電力を相互供給するシステムV2H(ビークルトゥーホームの略。家庭の電力と車載蓄電池の電力を相互に受供給する電力やりとりの連携)を新たに開発した。
 このV2Hシステムは、車両への充電はもとより、車両に蓄えた電力を住宅へ供給する双方向の電力供給が可能となる。10年から始まった経済産業省「次世代エネルギー・社会システム実証実験」(10年〜14年度の5カ年)を受け、同社の「豊田市低炭素社会システム実証プロジェクト」の一環で行う。生活者を主体に生活圏単位でのエネルギー利用の最適化を目指すもの。
HEMS: 電力需要ピーク
時など車両から
家庭への電力を
自動制御
EDMS: 地域エネルギー
の電力分散利用
を自動連携制御
トヨタPHV
 

辻商会
旭工高3年生
今年も見学に
辻 商 会
 
 自動車リサイクル部品販売の辻商会(高橋忠一社長)に11日、北海道旭川工業高等学校自動車科の3年生40人が見学に訪れ、リサイクル部品の生産工場や役割を終えた車両の最終処理現場を見て回った。
 リサイクル部品の生産を担う本社工場では、高橋社長が「普段の学習の参考にしてほしい」と生徒達を歓迎。同社生産課の舟山正人課長と谷口直巳係長、金岩孝憲主任の3人が案内役を務め、エアバッグの展開披露や構造が異なる車両側面と正面のガラスの違いを、割れ方などから体感する自動車ガラス割り=写真=の体験を加えながら、車両の引き取りからリサイクル部品の生産過程や環境に配慮した梱包材などの取り組みを紹介した。
 

人材育成に金属
塗装士の講習会
札 車 協
札車協
 
 札幌地方自動車車体整備協同組合(平塚むつ子理事長)は9、10日の両日、金属塗装士(3級)講習会をテクニカルオート(札幌市)で開催し=写真=、将来、板金塗装のプロを目指す学生ら8人が参加した。
 講師は同組合員のデラックス自動車工業・山口俊夫社長、伊藤モータース・伊藤浩貴常務、大坪自動車工場大坪美己社長、KYOUWA・大本融常務の4人。学科は山口社長、実技は伊藤社長らが担当した。
 

車に新規格超小型
国交省 導入ガイドライン発表
年度内に認定制度創設
街乗りEV普及後押し
 
 国土交通省は、環境対応車普及による低炭素まちづくりに向けて、超小型モビリティの導入や電気バス導入及び充電施設設置のガイドラインを策定した。軽自動車よりも小さい超小型車の制度認定を創設(今年度中を予定)することで、街乗りEV(電気自動車)の普及による“低炭素まちづくり”の実現を支援していく考え。
小型モビリティ
モーターショーに出品された超小型モビリティ
 

car-ani