北海道自動車業界のオピニオンリーダー!

タイヤ
バックナンバーロゴ
9月26日
第2346号


札ハ協 指導員大会に125人参加
特集リサイクルパーツ 〜ELV確保に理解を〜
札幌アウダ会 全道合同研修で初の工場見学
札幌トヨペット 技術コンクールを開催
自販連釧路 2頭目の盲導犬貸与式開く
道運輸局 強化月間で初の高速PA無料点検
日北自動車 50周年盛大に祝う

週間ニュースの詳しい内容は
本紙に掲載しております!!


道内の行政処分急増
道運輸局
整備業上半期で4件
指定のほか認証停止も
 
 道内で自動車整備工場の行政処分が増えている。今年度に入ってからこれまでに、指定業務の停止処分2件(函館と釧路)のほか、整備ミスなどによる分解整備事業の停止が北見で2件と、合わせて4件発生しているほか、現在処理中の案件も1件出ている。道内整備業の行政処分は、昨年度が年間通しても1件、一昨年はペーパー車検による取消を含めて5件起きているが、今年度は処理中の事案を含め上期だけでその数に追いついた。
 道内自動車整備業の行政処分件数はこれまで、年間を通しても数件と1ケタ台に留まっている。ここ5年では08年が2件、09年5件、10年3件と多くても5件しかなく、今年度は上期だけで5件と例年に比べてハイペースだ。またこれまでは指定工場の処分がほとんどだったが、今年度は認証工場の停止処分が多いのも特長。
地域 業態 処分内容 違反概要
北見 専業 認証停止10日 ブレーキキャリパブラケットの
締付け不十分による整備ミス(1台)
函館 ディーラー 指定停止20日、
検査員文書警告
過失による検査日の虚偽記載(1台)
釧路 専業 指定停止25日、
認証停止10日、
検査員文書警告
不正改造状態(荷台の増し枠)での
保安基準適合証の交付(1台)
北見 ディーラー 認証停止20日 EGR装置の不正改造(1台)
 

札ハ協
札ハ協 安全確保とサービス向上
指導員大会125人参加
 
 
 札幌ハイヤー協会(加藤欽也会長)は18日、第8回「札幌ハイヤー協会指導員研修大会」を4地区(札幌、小樽、千歳、空知)のハイ・タク協議会の共催で札幌東急インを会場に開催、各社の運行管理者ら125人が出席し秋の行楽シーズンや輸送繁忙期に向けて交通事故防止の決意を確認した。
 

ELV確保に理解を
補修市場を支える
自動車リサイクルパーツ
特集カット
 
 リサイクルパーツが補修市場を支える重要アイテムとして認知されて久しいが、自動車を長期間使用する傾向が強まっていることに加え、昨年からの自動車保険料率改訂によって、改めて安い修理を実現するために欠かせないものとして注目を集めている。しかし新品とは違い使用済車(ELV)の発生を受けそこから部品を取り外すため、商品供給にはおのずと限界があり、品不足感はどうしても否めない。その一方で各社の部品庫には出荷を待つパーツが多数眠るという需給のアンバランスも以前から発生している。ユーザーが求める安心・確実で、しかも安い修理を提供するためには、パーツを売る側と、ELVの排出者でありパーツを使用する側でもある整備工場の、さらにもう一歩進んだ連携が必要になってきた。
 

札幌アウダ会
Rパーツの活用術学ぶ
札幌アウダ会が全道合同研修会
初の工場見学に驚き
 
 札幌アウダ会(伊藤純一会長)が主催し道内のアウダ会メンバーが参加する全道合同アウダ会が21日、石上車輌(石上剛社長)恵庭工場で開かれ、同社見学を通じ事故車修理時のリサイクルパーツの活用法を確認した。当日は会員はじめ賛助会員合わせて44人と日本アウダテックスの石塚宣夫取締役ら3人が出席した=写真
 

札幌トヨペット技術コンクール
エンジニア部門の
総合優勝は札幌店
札幌ペット
 
 札幌トヨペット(阿部誠司社長)は17日、第52回技術コンクールをテクノセンター大曲で開催=写真。大会スローガンに「磨いた技術に心をこめて『すべてはお客様のために』」を掲げ、エンジニア技術向上とモチベーション向上を目的とした。
 大会はエンジニアと新人、営業スタッフに分け実施、個人優勝を競ったほか、エンジニア決勝競技は今年から上位5位の選手が店舗トレーナーとともに店舗総合優勝を競うチーム戦を展開。エンジニア競技には各店舗から現場での技術力の高さを認められた31人、新人競技には今春入社の11人、営業スタッフは32人が参加して事前予選の上位4人が今回の決勝に臨んだ。
 

自販連釧路
釧路で2頭目
盲導犬を貸与
自販連釧路支部
 
 自販連釧路支部(池田稔支部長)は20日、盲導犬貸与式を釧路プリンスホテルで行った=写真
自販連では、昭和63年に盲導犬育成キャンペーンを全国で展開、平成2年より公益信託盲導犬育成基金を設立し、全国の目の不自由な方々に盲導犬貸与の際の助成金を行っていて、これまでに全国で170頭(平成24年現在)を貸与、釧路では平成元年に貸与式を行い今回2度目となる(全道では18頭目)。
 盲導犬貸与を受けたのは、厚岸で水産業を営む秋山龍人さん(61)で貸与されたのはラブラドールレトリバーのサン(牝3歳)。
 

道運輸局 点検整備推進運動強化月間
輪厚PAで初の無料点検
施設利用者にも啓発
無料点検
 
 9、10月に展開する自動車点検整備推進運動の強化月間に合わせて北海道運輸局(小山内智局長)は21日、自動車使用者に定期点検の必要性を呼びかける啓発とマイカーの無料点検を道央自動道の輪厚パーキングエリアで初めて実施した。約2時間で予定した30台を点検、合わせて施設利用者に安心整備の証である認証工場の黄色い看板と定期的な点検の実施をチラシや専用のクリアファイルを配り呼びかけた。
 

日北自動車 盛大に50周年祝う
来賓・社員80人集う
日北自動車
 
 1963年(昭和38年)の会社設立から半世紀が過ぎた日北自動車工業(丹野司社長)は14日、50周年記念式典と記念講演、祝賀会をルスツリゾートホテル ノースウィングで開催、来賓や社員、OBなど関係者ら80人が出席し同社の節目を祝った。
 

car-ani