北海道自動車業界のオピニオンリーダー!

タイヤ
バックナンバーロゴ
5月16日
第2328号


自動車アセス 安全性能総合評価、三菱・アウトランダーが大賞に
田中自動車工業 LEDでアップル車検看板をライトアップ
日整連 12年度版自動車整備白書を発行

週間ニュースの詳しい内容は
本紙に掲載しております!!


軽自動車の勢い増す
道内12年度新車販売
販売比率過去最高34.8%
各地で拡大、函館は44%に
 
 国内に比べて普及が遅れていた北海道の軽自動車販売が勢いを増している。道内の新車販売に占める軽自動車の構成比(本紙調べ)は、国内平均(12年度=37.9%)に比べて依然低いものの、支局別では函館が44.0%と国内を大きく上回っているほか、北見(38.3%)や釧路(37.1%)でも国内平均と肩を並べるまで上がってきた。
 積雪地の道内ではかつて、登録車に比べて冬道運転がしづらいなどの理由から敬遠されがちだったが、もとからの利点である経済性に加え、環境性能や登録車に引けを取らない安全性、快適装備などの充実により“車”として認められてきたようだ。
 12年度の道内新車販売総台数は、エコカー補助金による前半の貯金もあって前年比11.7%増の207,000台と07年以来5年ぶりに20万台の大台を超えた。この躍進支えたのが軽自動車の販売台数だ。
 登録車も年度では6.3%増の135,000台と増えているが、補助金終了後の後半戦は当然ではあるが減少を余儀なくされた。これに対して軽自動車は、前半はもちろん、補助金終了後も前年実績を上回り続け、年度では過去最高の72,000台と初めて7万台を超えた。
 このため総数に占める軽自動車の販売構成比は11年度に比べて3.3ポイント増の34.8%と過去最高だった08年度(33.7%)を上回った。全国平均(37.9%)には届いていないが、その差は3ポイントほどに縮まっている。
 道内の支局別でみると、以前から軽が普及する函館の比率が群を抜いて高い。12年度は全ての月で4割を超えて年間では前年度よりも3.4P増の44%にまで拡大。また続く北見も約2ポイント増の38.3%と4割に近づいた。このほか釧路37.1%(4.1ポイント増)、旭川36.3%(同2.7ポイント増)と続き、最小の札幌でも31.8%(3.8ポイント増)と3割を超えた。
 

大賞にアウトランダー  
―新・安全性能総合評価―
乗員保護と歩行者を守る性能
アセス大賞
 
 自動車事故対策機構(ナスバ)は、12年度に実施した自動車アセスメント(車の安全情報)の中から乗員保護と歩行者を守る性能が最も優れている車として三菱の「アウトランダー」をJNCAP大賞に選んだ。同時にJNCAPファイブスター賞(後期分)としてCX―5(マツダ)、レガシィ(スバル)、CR―V(ホンダ)を選出した。
 11年度から乗員と歩行者保護を含めた車の総合的な安全性能を見る「新・安全性総合評価」が導入されたことに伴って、従来の自動車アセスグランプリを同大賞に改めると同時に、5つ星車の普及を図る狙いからファイブスター賞を新設している。
 

田中自動車
LEDでライトアップ
田中自動車工業(釧路市)
看板の見せ方を工夫
 
 ○…『先だって、加盟しているアクションプランサークルの会合で自社の看板の見せ方などについて討議し、その重要性を改めて感じた。看板はユーザーに認識してもらうために掲げるものであり、より目立つように工夫した』と話すアップル車検釧路店・田中自動車工業(田中正己社長)の田中大樹部長。
 会議のテーマに素早く反応し、すぐに看板全体を明るく照らすLED照明を設置。夜間でも社名が確認できるように改善した。
 『看板を掲げることだけで満足していてはダメだと感じた。看板を含めてだが、外に向けて常に情報発信し続けることが重要で、見せ方についても仲間の意見を参考に研究していきたい』と話している。今後は会社の看板にも施す予定。
 

整備売上3年ぶり減少 ―日整連―
12年度版 自動車整備白書発行
 
 日本自動車整備振興会連合会(日整連、坪内恊致会長)は2012年度版「自動車整備白書」を刊行した。それによると総整備売上高は5兆2982億円と3年ぶりに減少、06年(6兆945億円)を境に続いている減少傾向に歯止めがかからない。同会では「調査結果は実質11年度実績のため東日本大震災やデフレの影響、また維持費の安い軽や小型車へのシフトが進んでいることが売上減少につながった」と推測している。
 同調査は2012年6月現在で、売上高については同月末に最も近い決算期分でまとめている。このため内容的には11年度実績となる。対象事業者は自動車分解整備事業者の全事業場(91,867事業場)の約2割とし、有効回答から業態別(専・兼業、ディーラー、自家)と整備要員数の規模別(A1、A2など5区分)に集計した事業場のデータを基に、全体の数値を算出している。
整備白書表
 

car-ani