北海道自動車業界のオピニオンリーダー!

タイヤ
バックナンバーロゴ
11月27日
第2398号


国交省・NASVA 14年前期自動車アセス結果発表
道運輸局 北海道地域事業用自動車安全対策会議を開催
旭川トヨタ 北見で新型車のエスクァイアなど展示しフェア
JU札幌 札幌市に車いす2台を寄贈
AIRオートクラブ札幌 社会貢献活動に車いす80台を清掃
北見整振 高校生受け入れ校外授業見学会
JU札幌 全国初の実車見極め研修会開く

週間ニュースの詳しい内容は
本紙に掲載しております!!


AIRオートクラブ 道ブロック
会員増強で目標達成を
統合後初の役員会で確認
 
 今年4月にAIRジャパンとNKオートクラブが統合し誕生したAIRオートクラブ(丹野司会長)の北海道ブロック(後藤敏章ブロック長)は21日、ブロック役員会を損保ジャパン日本興亜札幌ビルで開き、下期の活動内容を確認した。上期は年間表彰制度入賞で後れを取っており、旧NKオートクラブ会員に対する入会促進を図りながら下期巻き返しを目指す。
 

国交省

NASVA
ヴォクシー・ノア・エスクァイア
星5つ獲得
ヴ ェ ゼ ル  HYBRID  Z
2014年度自動車アセスメント
前期分の結果を発表
 
 国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)は、車の安全性能を評価する「自動車アセスメント」の2014年度前期分の評価結果について発表した。販売実績の多い車種を基本に、今年度は11車種を試験することにしており、これまでに終了した4車種の結果を前期分として公表した。
  

道運輸局
飲酒運転さらに増加
道運輸局 事業用車安全対策会議
危険ドラッグも監視強化
 
 北海道運輸局(渡邊良局長)は17日、今年度の「北海道地域事業用自動車安全対策会議」を同局で開催、バス、ハイタク、トラック、整備の各団体担当者や道警、北海道、ナスバなど11団体から約20人が参加し、事故削減の取組みを報告した。
 同局では事業用自動車の事故削減目標を設定した「安全プラン2009」を09年に策定。内容は08年に比べ死者数と人身事故件数を10年間でそれぞれ半減するとともに、飲酒運転をゼロにするというもの。このプラン達成に向け関係機関が参加した同会議を年1回開催し、各組織の交通安全活動を確認している。
  

旭川トヨタ エスクァイア≠ェ人気
グランドプレステージフェア
旭川トヨタ
 
 旭川トヨタ自動車(戸島義信社長)は15、16の両日、北見市内のサンドーム北見で「旭川トヨタグランドプレステージフェア」を開催、2日間で述べ850人が会場を訪れた。
 今回のフェアは、先ごろ発売されたミニバン「エスクァイア」をメインに、”冬への強さが、心強さ”をテーマに4WD、横滑り防止機構など“安心”を備えたクラウンハイブリッド4WDやアクアといったハイブリッドシリーズ、70やプラドのランドクルーザーシリーズのほかポルテ、アイシスエスティマ、アリオンなど合わせて10台を展示した。
  

JU札幌
社会貢献へ車いす
JU札幌
札幌市に2台寄贈
 
 JU札幌(問谷功三会長)は社会貢献活動の一環として、札幌市に対して車いす2台を贈った。車いすの寄贈は2010年から実施しており今回で5回目となる。
 同会では社会貢献活動として、チャリティで集めた募金などを交通遺児の会や社会福祉協議会に贈る活動を継続、これに加えて4年前からは札幌市に対してニーズの高い車いすを寄贈している。
 

社会貢献活動で
車いす80台清掃
AIRオートクラブ札幌
AIRオートクラブ札幌
 
 AIRオートクラブ札幌支部(後藤正和支部長)は15日、社会貢献活動として毎年継続している車いすの点検・清掃活動を札幌市内の特別養護老人ホーム・厚別栄和荘で行った。
 この日、加盟工場のメカニックや損保ジャパン日本興亜の社員ら33人が訪問し、約80台の車イスのブレーキ点検や空気圧調整、パンク修理、サビ落としといった清掃作業を手分けして行ったほか、施設利用者が使っているショッピングカート10台についても清掃した。
  

北見整振
校外授業見学会
高校生37人受入
北見整振
 
 北見地方自動車整備振興会(栗山太郎会長)は、道立紋別高等学校(猪俣康行校長)の電子機械科から要請を受け、校外授業見学会を行った。
 これは生徒が工場の施設・設備や働いている人たちの姿を見学し、産業技術に触れる機会を持つことで職業に対する意識付けを図り、今後の進路選択に役立ててもらうのが目的。
 12日は、2年生37人が道立北見高等技術専門学院で実習風景を見学した後、ネッツトヨタ北見(河合昭徳会長、栗山太郎社長)を訪問した。
 

JU札幌
全国初 車両見極め実車研修会
= J U 札 幌 =
検査と修復歴判定法を確認
 
 JU札幌(問谷功三会長)は18日、会員の検査スキル向上を目指し、全国初の「車両見極め実車研修」をJU札幌オートオークション会場で開催、会員販社から14人が受講した。
 研修はJU会員の車両検査のスキルアップを目的とするJU中販連の全国統一メニュー。同会では今年2月に座学主体の車両見極め初級研修を実施しており、今回はその受講者を対象に実車研修を初めて開催した。
 

car-ani