北海道自動車業界のオピニオンリーダー!

タイヤ
バックナンバーロゴ
10月22日
第2436号


函運支局 市内街頭検査で車検切れ摘発
日整連 整備需要動向調査の集計結果まとめる
道税事務所 路上抜取調査で不正軽油摘発
JAF旭川 稚内市と観光連携協定結ぶ
ネッツ北見・旭川トヨペット ハーフマラソンに協賛
UD北海道 UD旭川支店の事業を承継
北運支局・北見整振 定期点検啓発でアンケート調査実施

週間ニュースの詳しい内容は
本紙に掲載しております!!


新車OSS 17年度稼働
自動車保有関係手続のOSSに係る地域連絡会
各機関で情報共有
札幌でコンセンサス確認 
 
 現在、全国の11都府県で稼働する新車新規登録のワンストップサービス(OSS)について、札幌地区では2017年度の早い段階で導入・稼働を目指すことになった。14日、北海道運輸局で開かれた「自動車保有関係手続きのワンストップサービスに係る地域連絡会」で、関係する北海道や北海道警察、自販連札幌支部(杉本亙支部長)が17年度までに全国展開≠ニした国の閣議決定通りに稼働することを確認した。
  

車検切れ2台摘発
函運支局  市内で街頭検査
街頭検査
 
 函館運輸支局(勝木支局長)は7日、点検整備推進運動に合わせた街頭検査を市内の函館新道沿い駐車帯で実施した。
 約1時間半で212台を検査したところ、車検切れが2台見つかったほか、タイヤ突出や灯火色違反など4台に対して整備命令書を交付した。また軽微な口頭指導件数は12件で、定期点検の未実施台数は81台と、実施率は61・8%だった。
  

専業 売上・入庫上昇
日整連整備需要動向調査 
ディー
ラ ー
 
車検減で低下予想
 
 日本自動車整備振興会連合会(日整連)は、整備工場の需要や整備料金などの動向について、直近の半年間の業績と向こう6カ月の業績予想を示す「整備需要等の動向調査」の集計結果をまとめた。下期は前期予想に対して専業が総整備売上高、総入庫台数とも上昇と予想したのに対し、ディーラーは入庫率の高い初回と2回目車検が減るとして両DIとも低下すると予測した。
 

軽油抜取調査
留萌で不正軽油摘発
道 税 事 務 所 
全国一斉路上抜取調査
 
 ディーゼル車の燃料油に重油や灯油を混ぜ使用する『不正軽油』が留萌市で見つかった。道内ではここ数年、トラックや事業所の摘発がなく根絶したかのように見えたが、いまだに使用実態があることが確認された。 今月14日、軽油引取税全国協議会が2003年から10月を強化月間に取り組む「全国一斉路上軽油抜取調査」を実施、46都道府県137カ所で3723台を調べた。
 道内では14総合振興局および7同税事務所が合同で12カ所209台を調査、このうち留萌振興局が調べた1台の燃料から、灯油や重油に添加される「クマリン」が検出された。
  

観光連携協定
稚内市と結ぶ
JAF旭川
JAF旭川
 
 JAF旭川支部(森田庸夫支部長)は15日、稚内市役所において稚内市(工藤宏市長)との間で「観光振興に関する連携協定」を締結した=写真。同支部が結んだ協定は旭川、留萌市に続いて3番目の自治体となる。
   

マラソン先導で社会貢献
ネッツ北見 旭川トヨペット
運営車両をそれぞれ提供
 
ネッツ北見  ▽ネッツトヨタ北見(河合昭徳会長・栗山太郎社長)は11日、「第7回北見ハーフマラソン大会」に今年も協賛、審判車など大会運営に必要な車両5台を貸し出した。
 同社はこの大会に第1回目から協力。今回活躍した車両はマラソン前走車に超小型EV「コムス」、審判長車に「ウィッシュ」、移動観察車に「ヴィッツ」、最後列監視者に「プリウスアルファ」、移動救護車に「ボクシー」を用意。ドライバーも同社の社員を各車に配置し、安全且つ円滑に競技が行えるようサポートした=写真
 ▽旭川トヨペット(松尾俊彦社長)も、旭川市内で開かれたハーフマラソンに協賛。第1回大会から特別協賛しており、今回は先導車としてマークX、ハリアー、プリウスPHVなどを提供して地元の大きなイベント運営の一躍を担った。
 表彰式では吉田裕会長、松尾社長らが上位入賞者にメダルや記念品を手渡し、選手たちの健闘を称えた=写真
旭川トヨペット
  

UD旭川支店の
事業承継し業務
UD北海道
 
 UDトラックス北海道(大内茂夫社長)は、UDトラックス旭川支店の事業を承継し、今月1日から同社旭川支店(五十嵐敏昭執行役員旭川支店長)として業務を開始した。
  

定点の更なるPR必要
北運支局
北見整振
アンケートを実施 
北見定点啓発
 
 北見運輸支局(竹島俊博支局長)と北見地方自動車整備振興会(栗山太郎会長)は「定期点検整備推進運動」の強化月間(9、10月)期間中の6日、イオン北見店でクルマの点検整備の重要性を広く一般にPRすること目的とした啓発活動を実施。
 竹島支局長、山下徹北見整振専務理事以下6人と“てんけん君”が来店客に啓発グッズを手渡しアンケート、定期点検の必要性をPRした=写真
  


car-ani