北海道自動車業界のオピニオンリーダー!

タイヤ
バックナンバーロゴ
4月14日
第2458号


道内2種養成施設 3級整備士講習受講者が増加
道内HV保有 6年で5倍に拡大
国交省 外国人技能実習制度に自動車整備業が追加
損保協 15年自動車盗難実態調査でプリウス2年連続最多
道運輸局 今年度街頭検査、全道で6,800台を計画
タイヤ協道支部 PAでタイヤ無料点検を実施
苫小牧職業能力開発協会 定員15人が入校式
15年度道内新車販売 軽大幅減で総数前年比5.8%減

週間ニュースの詳しい内容は
本紙に掲載しております!!


日整連 2015年度版自動車整備白書発行
車検・定点売上プラス
その他整備も1.5%増
事故車整備のみ大幅減少
 
 日本自動車整備振興会連合会(橋本一豊会長)は、2015年度版「自動車整備白書」を刊行した。総整備売上高は前年度比0.1%減の5兆5133億円と、2012年以来3年ぶりに前年実績を下回った。業態別では専業の落ち込みが目立っている(整備白書内容は数回に分けて報道します)。
  

整備士確保へ育成
3級講習受講者が増加
道内2種養成施設
整備士確保
 
 整備士養成学校への入学者減少から2級自動車整備士の確保が厳しくなる中、道内整備振興会が行う3級整備士講習の受講者が増えている。
 札幌ではおよそ20年ぶりに定員(50人)を充足したほか、函館も去年より多い34人が受講するなど、かつてのように働きながら整備士を目指す動きが再び強まっている。
  

6年で5倍に拡大
道内HV 3月末で17万3千台
保有台数
 
 新車市場をけん引している「HV」の保有台数が、ここ6年間で約5倍にまで膨れ上がった。今年3月末現在の道内HV保有台数は、前年同月に比べ約2割増の173,310台と、6年前の10年3月末(35,931台)に比べて4.8倍にまで増加している。

自動車整備業が追加
国交省 外国人技能実習制度
 
 国土交通省は1日、厚生労働省や経済産業省など関係5省で作る「国際研修協力機構(JITCO)」が行う「外国人技能実習制度」の対象職種に、自動車整備≠ェ追加されたと発表した。同制度を活用することで、外国人の人材活用や自動車整備技術の途上国に対する国際貢献、日本型車検制度のインフラ輸出などに繋がることが期待されている。
  

プリウス2年連続最多
損保協 15年自動車盗難実態調査
 
 日本損害保険協会(鈴木久仁会長)は、自動車盗難防止の一環として、保険金を支払った事案(車両盗難や車上狙い・部品盗難)を対象にした「自動車盗難事故実態調査」を発表した。自動車盗難では2007年から13年まで最多だった「ハイエース」を抑え、「プリウス」が14年に続き2年連続で最多、また同じHVの「アクア」も14年に続き4位に入った。
   

道運輸局 全道で6,800台を計画
今年度の街頭検査実施
 
 北海道運輸局(川勝敏弘局長)は、2016年度に行う街頭検査の実施計画を発表した。今年度も検査を通じて不正車及び改造車の排除に取り組むほか、定期点検実施を訴える啓発リーフレットなどを活用しながらドライバーにその必要性を呼び掛ける。街頭検査の目標台数は全道で6800台以上に設定、各種運動期間や各支局独自の判断から効果的な検査を行う。
  

タイヤ協道支部
タイヤの空気圧
月に1度点検を
タイヤ協会北海道支部
 
 日本自動車タイヤ協会北海道支部(大山晋支部長)は『タイヤの日』の8日、適切なタイヤの管理で安全を啓発する「タイヤ無料点検」を道央道の輪厚パーキングエリア(下り線)で実施した。
 同施設を利用する駐車中のドライバーに声を掛け、タイヤの空気圧や残溝、外傷などを点検するとともに『タイヤの空気圧は月に1度の点検が必要』と訴えた。また、この日は春の交通安全運動に合わせて、道警やネクスコ東日本など関係団体の交通安全啓発も並行して行った。
  

定員15人が整備士目指す
苫小牧職業能力開発協会入校式
 
 昨年から3級自動車整備士の養成を開始している「職業訓練法人 苫小牧地方職業能力開発協会」(稲葉信治会長=稲葉自工社長)は5日、2016年度の入校式を同会を置く苫小牧職業訓練センターで開いた。今年度は定員の15人が入校、稲葉会長や出席した同会役員が整備士を目指す訓練生にエールを送った。
  

15年度道内
新 車 販 売
201,493台、5.8%減
大台キープも軽18.5%減
 
 2015年度の道内自動車販売台数(軽自動車を含む)は、回復傾向にある登録車が前年実績を上回った一方、昨年4月からの軽自動車税増税の影響から販売が伸び悩む軽自動車が1割以上の大幅減少を示し、総数は5.8%減の201,494台と2年連続で前年実績を下回った。ただ12年度から続く20万台は4年連続で維持している。また、国内も6.8%減の493万7千台となり、こちらは500万台の大台を4年ぶりに割り込んだ。
  
car-ani