北海道自動車業界のオピニオンリーダー!

タイヤ
バックナンバーロゴ
7月21日
第2470号


道運輸局 石崎新局長が就任記者会見開く
国交省 人気番号払底のおそれで希望番号にローマ字追加
自販連 道内2016年上半期の中古車登録台数実績
道地方協議会 運送事業の長時間労働抑制で9社が実証事業
日北交通 札幌で初導入「NV200タクシー」発進
地域創生モーターショーin侍・士別、華やかに2日間開催
自販連旭川 新車フェアの益金で人形劇舞台セットを市に寄贈
全部協 プライベートブランド『ゼンエリック』立ち上げ

週間ニュースの詳しい内容は
本紙に掲載しております!!


職権打刻2千件に拡大
道運輸局 早めの再打刻徹底を
 
 道内の各運輸支局がフレーム番号が無い並行輸入車や、事故車修理でフレームを交換する場合に車台番号や原動機型式を再度刻印する「職権打刻」の道内の件数が、2年連続で2千件の大台を突破した。北海道では冬期間に散布する凍結防止剤の影響から、特に下回りは厳しい環境下にさらされており、経年劣化によって番号が見えにくくなるケースが増えているためだ。 A-TOPカット
  

石ア道運輸局長
石ア新局長就任記者会見
安全確保と地域
交通活性化推進
 
今月1日に北海道運輸局長として着任した石ア仁志局長は11日、就任の記者会見を同局で開き、JR北海道に対する常設の監視体制を含めて、改めて運輸の基本である安全確保の推進や道内経済にも重要な観光振興などの基本方針を語った。
  

国交省 希望番号にローマ字追加
人気番号払底のおそれ
 
 国土交通省は、ユーザーが好きな番号を選ぶことができる「希望ナンバー」の表記に新たに、ローマ字を追加する。一部地域で人気番号が底をつく恐れが出ているためで、道路運送車両法の施行規則等を改正し来年1月から施行する。
 ローマ字は車の車種及び用途を示す「分類番号」に追加する。同番号は現在、3ケタのアラビア数字によって表されているが、そこにアルファベット文字を新たに組み合わせることで、人気番号が引き続き選択できるようにする。
  

道内上半期中古車登録台数
2年ぶり12万台回復
自販連 前年比2・2%増
 
 日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめた道内上半期(1〜6月)の中古車登録台数は、小型乗用車以外の全車種が前年実績を上回り、総数は120,851台と前年同期に比べ2.2%増加した。15年度は12万台を割り込んだが、2年ぶりに回復した。
  

道地方協議会 9社が実証事業
長時間労働の実態探る
地方協議会
 
 産学官連携によりトラック運送事業の長時間労働抑制への環境整備を進める「北海道トラック輸送における取引環境・労働時間改善地方協議会」(千葉博正座長=札幌大学教授)が11日、北海道トラック協会で開かれ、長時間労働の実態をあぶり出し改善策を探るパイロット事業の進め方とスケジュールについて説明した。
 

日北交通
「NV200タクシー」発進
日北交通 札幌で初の導入
 
 日北交通(丹野司社長)は、日産自動車の「NV200タクシー」を札幌で初導入、15日にはその発進式を同社グループの日北自動車工業敷地内で開催した。販売先の北海道日産・原田彦エ門社長や北海道ハイヤー協会の照井幸一専務理事など関係者が見守る中、鮮やかな黄色に彩られた新型タクシーが出発した。
  

地域創生モーターショーin侍・士別
車好きが大集結
地域経済に活力
華やかに2日間開催
士別モーターショー
昨年は来場者が7,000人を超えた。
今年も地方都市・士別が大勢のモータ
ーファンで賑わった。
 
 人口2万人の道北の地方都市・士別市で16、17の両日、往年の名車やカスタムカー、スポーツカー、痛車、二輪車などが一堂に会した「地域創生モーターショーin侍・士別」(主催・同実行委員会・湧口文康実行委員長)が西條デパート駐車場特設会場で開催され、道内外の大勢のモーターファンらで賑わった。
 

自販連旭川
フェアの益金で購入 自販連旭川
人形劇舞台セット寄贈
 
 日本自動車販売協会連合会旭川支部(北村亮支部長)は19日、旭川市交通安全運動推進委員会(会長・西川将人市長)に安全教育資材として人形劇舞台とディズニーシリーズの人形劇用人形5体のセット(20万円相当)を寄贈した。
 

PB部品立ち上げ
全部協 商標『ゼンエリック』で3品目
全部協
 
 地域部品商で組織する全日本自動車部品卸商協同組合(全部協・新戸部八州男理事長)が、部品のプライベートブランド(PB)の『Zen―Eric(ゼンエリック)』を新たに立ち上げ、ワイパーリフィール(替えゴム)、フラットワイパー、ブレーキパッド(軽自動車用)の3種類の販売を開始している。
 
 
 
 
 
 
 

car-ani