北海道自動車業界のオピニオンリーダー!

タイヤ
バックナンバーロゴ
8月 4日
第2472号


三菱ふそう 大・中型バス車体床下部のサビ腐食で操作不能も
JDパワー 保険事故対応満足度調査まとめ発表
JU北海道 全国初の検査員検定試験を20日に実施
札幌トヨペット 創業60周年記念で養護園に遊具を寄贈
石上車輌 恵庭と北広島に計80万円を寄贈
カローラ道北 新車祭でキッズエンジニア企画に60人が体験
オールトヨタ ドライブ王国2016開催、家族連れ約1万人が来場

週間ニュースの詳しい内容は
本紙に掲載しております!!


道内車検台数
14年に続き80万台割れ
前年比3万7千台減
2014年問題″トび
 
 リーマンショックと東日本大震災の影響から、初回と2回目の継続検査が減少する2014年問題≠フ対象車が戻ってくる2016年上半期(1〜6月)の道内の継続検査台数は、2014年の上半期と同様に80万台の大台を割り込む結果になった。総数は79万9千台で前年からの減少数は3万7千台と、14年(前年比3万台減)よりも大きくなっている。ただ総台数については14年(78万7千台)よりも多かった。
  

サビの腐食で操作不能
三菱ふそう 系列ディーラーで無料点検を
大・中型バス
 
 三菱ふそうトラック・バスは、同社の大・中型バスのうち独立懸架式で製造後10年以上(2007年以前)の車両につて、点検整備不十分から車体床下部分にサビによる腐食が発生すると最悪の場合、ハンドル操作が不能になるとして、系列ディーラーでの無料点検を開始した。これを受け国土交通省でも速やかに適切な点検整備を行うようバスや整備事業者に通知した。
  

満足度5年連続低下 JDパワー
保険金支払の影響顕著
 
 米調査会社のJDパワーアジア・パシフィックは、自動車保険の契約者を対象に『2016年日本自動車保険事故対応満足度調査』を実施、その結果を発表した。業界全体の事故対応満足度(1,000ポイント満点)は、12年から今年までで689点から667点と22ポイント低下。特に総合満足度に大きく影響する『保険金支払』の低下が顕著だった。
  

全国初 検査員検定試験
JU北海道 スキルアップ目的に実施
 
 JU北海道(問谷功三会長)は、JU中販連(澤田稔会長)がオークション会場の検査員のスキルアップを狙いに創設した「JU検査員認定制度」に基づく3級技能検定試験を今月20日、全国で初めてJU札幌で実施する。
  

羊ケ丘養護園に遊具
札幌トヨペット
創業60周年記念で寄贈
札幌トヨペット
 
 今年で創業60周年を迎える札幌トヨペット(阿部誠司社長)は、その記念事業の一環として同社の労働組合(渡部哲郎執行委員長)と合同により、社会福祉法人・羊ヶ丘養護園(有田京史理事長)に大型ブランコとロッキング遊具をプレゼントした。
 26日にはその寄贈式が同園庭で行われ、園児たちが札幌トヨペットにちなんだアイウエオ作文によるありがとう≠フ言葉と、感謝の気持ちを書いたメッセージボードを阿部社長と渡部委員長に贈った。
 

石上車輌
恵庭と北広島に
計80万円を寄贈
石上車輌
 
 リサイクルパーツ販売道内大手の石上車輌(石上剛社長)は、社会貢献活動の一環として毎年継続している恵庭市(原田裕市長)と北広島市(上野正三市長)の両市に対して、「地域のために役立ててほしい」と合計80万円を寄贈した。
 

キッズエンジニアを企画
カローラ道北 新車祭で60人体験
カローラ道北
 
 トヨタカローラ道北(歌川豊社長)は夏の「新車祭」を、名寄店は先月16、17日、東光店は先月23、24日に行った。
 今回は小学生以下対象の「キッズエンジニア体験」を企画。オレンジのつなぎを着た子供達が同社整備士の指導のもと、エンジンルーム内の点検や工具を使いエンジン単体のボルト締めを体験。普段の授業では教わることのない車の仕組みを学べるとあって、両店合わせて60人の子供達が参加した。同社は今後も、地域密着型のイベントを開催し、幅広い客層に対応した販社を目指す。
 

ドライブ王国
整備士なりきり体験
オールトヨタドライブ王国2016
家族連れ1万人 車と楽しむ
 
 札幌地区トヨタ会(札幌トヨタ、札幌トヨペット、カローラ札幌、ネッツ札幌、ネッツ道都)による「オールトヨタドライブ王国2016」が先月30、31日の両日、アクセスサッポロを会場に開かれた。夏休みということもあって期間中は家族連れを主体に9,937人が来場、会場内の様々なイベントを楽しんだ。
 

car-ani