北海道自動車業界のオピニオンリーダー!

タイヤ
バックナンバーロゴ
9月29日
第2478号
リサイクルパーツ特集号


軽協道ブロック 道内7地区の会長・専務理事らが意見交換
リサイクルパーツ特集 ELV確保さらに厳しく〜排出者と協力を
自工会 消費税増税延期で需要見通しを下方修正
北見整振 地域イベントに整備士体験コーナー出展
旭青研・旭車協NR倶 旭実校生対象に体験授業実施
釧路地区トヨタ5社 中古車イベントに来場約1,300人
宮田自動車商会 ビジネスフェアで売上拡大のヒント提案

週間ニュースの詳しい内容は
本紙に掲載しております!!


ロータス同友会北海道ブロック
地方創生をリード
函館大会に120人集結
整備業の新たな役割探る
  
A-TOP  全日本ロータス同友会北海道ブロックは111日、「第25回北海道ブロック函館大会(実行委員長=寺井慎一郎ロータス函館支部長)」を湯の川温泉・花びしホテルで開催した。人口減少や少子高齢化といった構造的問題が横たわる中、道内から集まった同友各社や提携企業、来賓ら120人が、記念フォーラムのテーマにもなった地方創生へクルマが果たす新たな役割≠ヨの認識を新たにした。
  

関係諸税軽減を要望
軽自動車協会道ブロック会
7地区会長と専務が出席
軽協会道B
 
 軽自動車協会北海道ブロック会(細田真一会長)は16日、道内7地区の会長・専務理事が参加するブロック会議を京王プラザホテル札幌で開き、集まった道内7地区の会長、専務理事らが税制改正に対する要望や軽自動車普及活動の取り組み内容などで意見を交わした。本部(全国軽自動車協会連合会)から松村一会長と徳永泉専務務も出席、徳永専務が軽自動車を巡る諸情勢について″u演した。
  

特集カット
ELV確保さらに厳しく
Rパーツ供給に危機感
排出者との協力不可欠
 
 安い修理≠ノ欠かせないリサイクル部品の供給が年々厳しくなっている。パーツ生産の原料となる使用済車(中古車)の発生量そのものの縮小に加え、中古車輸出による海外流出、また車の長期使用による廃車の低年式化などの背景から、生産環境に厳しさが出ているためだ。
 廃車は高く売り、中古部品は安く買う≠ニいう身勝手な考え方だけでは、リサイクル部品発生は今後、ますます厳しくなる。ユーザーが求めている安い修理を実現するためには、使用済車の排出者でもあるディーラーや整備事業者、また損害保険会社の協力も不可欠になっている。
  

増税延期で下方修正
自工会 16年度国内需要見通し
 
 来年4月に予定されていた消費税増税が先送りされたことを受け、日本自動車工業会(池史彦会長)は2016年度「自動車国内需要見通し」を下方修正した。当初予定した駆け込み需要は増税延期で無くなるとして、総需要は500万台を割り込む4,845,200台と、15年度に続き大台を下回る見通しを示した。
  

地域イベントに参加
整備士体験コーナー
=北見整振=
北見整振
 
 北見地方自動車整備振興会(栗山太郎会長)は18日、北見商工会議所青年部(金森隆弘会長)が主催する地域イベント「北見YGEまつり」の子供就業体験に自動車整備士体験コーナーを初出店、子供たちに自動車整備士の仕事を伝えた。
 

体験授業
今年も旭実高で
体験授業を実施
旭青研・旭車協NR倶
 
 オートバックスのフランチャイジーで道内8店舗を展開する北日本オート用品(村山文彦社長)は10、11の両日、同会場では初の『オートバックス中古車ザ・バーゲン』をアクセスサッポロ(屋内会場)で開催した。
  

来場1,270人、成約97台
釧路地区トヨタ5社
中古車イベント開催
釧路地区トヨタ
 
 釧路地区トヨタディーラー(釧路トヨタ、釧路トヨペット、トヨタカローラ釧路、ネッツトヨタ釧路、ネッツトヨタ道東)5社が主催する「オールトヨタユーカーニバル」=写真=が10、11の両日、イオン釧路店駐車場特設会場で開催され、2日間で延べ約1,270人の来場者で賑わい、会場成約は97台に上った。
 

宮田自動車商会
売上拡大のヒント提案
宮田自動車商会 ビジネスフェア2016
高効率省力化機器に注目
 
 今年創業95周年を迎え様々な商材からアフタービジネスを支援する道内部品商大手の宮田自動車商会(宮田祐市社長)は9月24、25の両日、「ビジネスフェア2016」をアクセスサッポロで開催した。2日間の来場人数は昨年より多い1,719人と盛況に終えた。
 
car-ani