北海道自動車業界のオピニオンリーダー!

タイヤ
バックナンバーロゴ
10月20日
第2481号


道運輸局 「鉄道の日」永年勤続功労者8人など表彰
16年度上半期 道内新車販売台数実績
JAF 信号機のない横断歩道での歩行者優先実態調査結果まとめる
道運輸局 16年度上半期道内認証工場状況調査結果
札幌パーツ 中学生13人が職場体験学習実施
全部協 増減部品の10年間比較をまとめ発表
JU函館 全国リレーオークションで目標大幅増の321台出品
TAA北海道 8周年記念AAで出品新記録の2,317台

週間ニュースの詳しい内容は
本紙に掲載しております!!


検査OSS稼働へ準備
日整連東日本ブロック専務理事会
主要議題で意見交換
来月振興会向け最終説明会
  
専務理事会  関東以北にある自動車整備振興会の専務理事が一同に会する今年度の「東日本ブロック専務理事会」が13日、函館国際ホテルで開かれ、来年4月から始まる継続検査ワンストップサービス(OSS)や環境に優しい事業場表彰の審査基準見直しなどの主要議題で意見を交わした。同会の道内開催は2012年に小樽市で開いて以来4年ぶりとなる。
  

「鉄道の日」表彰式
永年勤続功労者8人など
北 海 道 運 輸 局
 
 北海道運輸局(渡邊良局長)は14日、今年度の「鉄道関係功労者等表彰式」を同局で開催、永年勤続功労者8人と運転無事故表彰として5事業場、一般協力者の奉仕活動、バリアフリー優良事業者それぞれを表彰した。
  

登録車過去10年で最高
16年度上半期道内新車販売台数
軽比率、3割を割り込む
 
 今年度上半期(4〜9月)の道内新車販売台数(軽含む)は、登録車が2007年度以来10年間で最高の73,928台をマーク、4月の燃費詐称問題で揺れた軽自動車も前年実績はマイナスしたものの3万台を確保するなど、全体では10万台を超える結果となった。内訳は、登録車が同5.1%増と2年連続で7万台をキープし、4年ぶりに乗用、貨物ともに前年を上回った。一方、軽自動車は同4.0%減少の30,349台、13年の過去最高と比較すると台数で約1万1千台減少した。
  

JAF 9割以上停止せず
信号機のない横断歩道
 
 JAF(日本自動車連盟、矢代隆義会長)は9月、全国の「信号機のない横断歩道」における歩行者の優先について実態調査した。調査は各都道府県2箇所ずつ、全国94箇所で信号機のない横断歩道を通過する車10,026台を対象に行ったが、歩行者が渡ろうとしても一時停止する車はわずか757台と全体の7.6%に留まったことが明らかになった。
  

中販業取得で新規急増
16年度
上半期
道内認証工場状況調査
 
 北海道運輸局は2016年度上半期(4〜9月)の道内新規認証及び廃止状況をまとめた。調査によると、道内の新規認証を取得した工場は49件と昨年よりも22工場増えた。一方、廃止件数は29件と昨年より10件の減少と新規が廃止を上回り9月現在で4,212工場(昨年同月4,205)と微増で推移している。
 

札幌パーツ
工具セットプレゼント
札幌パーツ 中学生13人が職場体験
 
 自動車リサイクルパーツ生産販売や使用済み車買取の“リサイくるまッチ”などを展開する札幌パーツ(工藤浩司社長)は14日、中学生を受け入れ職場体験学習を実施した。
  

ACフィルター急増
全部協 増減部品の10年間比較
2006年比で4.6倍
 
 全日本自動車部品卸商協同組合(新戸部八州男理事長)は、伸びている部品≠ニ減っている部品≠フここ10年間の比較をまとめ発表した。2015年と2006年の部品別の売上比較で最も伸び率が高かったのは、新たな消耗品≠ニして認知度が高まっている「エアコンフィルター」だった。
 

目標大幅増の321台
JU函館 全国リレーオークション
青年部以外初の300台超
JU函館
 
JU函館(西野和幸会長会長)は14日、全国のJU会場繋ぐ「JU全国リレーオークション」を同会場で開催、出品台数は目標(200台)を大幅に上回る321台に達した。
 函館会場の300台超えは今年3回目、青年部担当AA以外での300台超えはサテライト接続以降では今回が初めてとなる。
 

TAA
出品新記録の2,317台
TAA北海道8周年記念AA
周年企画でバイヤー多数来場
 
 2008年10月のオープンから8年を迎えたトヨタオートオークション(TAA)北海道会場(千葉玄彦会場長)は13日、8周年記念オークションを開いた。
 出品台数は前年台数を上回る2,317台と新記録を集荷し、5周年から続く4年連続の2千台超えを実現、周年記念を飾るに相応しい好成績を上げた。
  

car-ani