北海道自動車業界のオピニオンリーダー!

タイヤ
バックナンバーロゴ
10月27日
第2482号


国交省 16年度大臣表彰、道内は12人が受賞
北運支局 街頭検査で2件に整備命令書交付
防錆特集 サビ腐食の事故相次ぐ〜安全走行に防錆不可欠
札幌地区 新車OSS稼働、18年1月へ先送り
道税事務所など 全国一斉軽油抜取調査を実施
ELV機構未来部会 初の道内事業所見学会を実施
旭青研 自動車科1年生対象に体験授業開く
札整振 自動車整備技能競技札幌大会で技術競う

週間ニュースの詳しい内容は
本紙に掲載しております!!


経営力ある次世代工場へ
16年度BSサミット北海道ブロック大会
基本戦略3本柱で生き残り
  
BSサミット  BSサミット事業協同組合北海道ブロック(市成秀人担当理事)は20日、「2016年度北海道ブロック大会」を全日空ホテルで開き、今年度戦略の「世界基準の工場」、「次世代にふさわしい経営力のある工場」、「日本版DRP再構築のビジネスモデル化」を基本3本柱に据え、環境変化が激しい車体整備業界の生き残りを目指すと発表した。
  

2016年度国交省大臣表彰
道内は林氏ら12人受賞
 
 国土交通省は20日、2016年度の自動車関係功労者に関する大臣表彰受賞者を発表した。北海道運輸局関係からは旭川地方自動車整備振興会の立松雅幸副会長など12人が選ばれた。表彰式は今月27日、東京都千代田区霞が関の国土交通省共用大会議室で行われる。
  

整備命令書2件に交付
北見運輸支局
153台を街頭検査
北見運輸支局
 
 北見運輸支局(立川雅志支局長)は「自動車点検整備推進運動」強化月間の一環として17日、街頭検査を市内端野町緋牛内の網走開発建設部緋牛内車両計測所で実施、車両153台を検査した。
 同支局の街頭検査は3日に続き実施。検査結果は前輪左右のタイヤの突出1台とタイヤ摩耗4本の1台に対して整備命令書を交付。その他各灯火不点灯や窓ガラス吸盤などで警告7件、検査標章未貼付7件が見つかった。
  

特集カット
サビ腐食の事故相次ぐ
部品脱落で操作不能も
安全走行に防錆が不可欠
 
 車のサビ≠取り巻く状況が慌ただしさを増している。自動車メーカーではかねてから、凍結防止剤を散布している道路の走行後はこまめに洗車するよう呼び掛けてきたが、特に長期使用が目立つ大型車メーカーが相次ぎ、サビより車の安全性に重大な影響が出ているとして、無償点検に乗り出しているためだ。サビ腐食の影響はクルマ社会の安全性を確実にむしばみ始めている。
  

新車OSS18年1月稼働
自販連札幌など関係機関確認
当初計画より半年遅れる
 
 現在、全国の11都府県で稼働する新車新規登録のワンストップサービス(OSS)について、札幌地区では2018年1月から始まることになった。当初は来年6月の実施を予定していたが、北海道のシステムが間に合わないとして半年ズレ込むことになった。17日に北海道運輸局で開かれた「自動車保有関係手続きのワンストップサービスに係る地域連絡会」で、北海道や北海道警察、自販連札幌支部(杉本亙支部長)の関係機関が確認した。
 

十勝で異常燃料検出
札幌道税事務所・石狩振興局
全国一斉抜取調査を実施
軽油抜取調査
 
 軽油引取税全国協議会が10月を『不正軽油防止強化月間』として取り組む全国一斉の路上抜取調査を19日、全国の132カ所で実施した。
 道内は14総合振興局及び7道税事務所が各地の主要幹線道路など13カ所で展開、十勝総合振興局が音更町の駐車帯で調査した10台のうち1台から異常な燃料を検出した。
  

ELV機構
道内で初の事業所見学
日本自動車ELV機構未来部会
北自協組合員と意見交換も
 
 自動車解体事業者で構成する日本自動車ELV機構の未来部会(吉岡篤史部会長)は21、22日の日程で、道央圏の解体事業者4社に対する事業所見学会を初めて実施した。
 21日には北海道自動車処理協同組合(佐藤正良理事長)のメンバーを交えた意見交換会も札幌市内のホテルで行った。
 

次世代の人材確保へ
旭青研 高1対象に体験授業
旭青研
 
 旭川地方自動車整備青年経営研究会(山崎進一会長)は18、19の両日、旭川実業高校自動車科の1年生(2クラス61人)に対し体験実習を行った。
 同会では次世代の人材確保を目的に若年層の自動車整備に対する興味喚起を促すための出前授業を同校で実施、9月には2年生を対象にした板金塗装体験を行った。今回は整備実習を本格的に体験していない1年生が同会メンバー指導のもと、12カ月点検項目をクラス毎1日ずつ体験した。
 

札整振
確実な点検と診断力競う
第35回自動車整備技能競技札幌大会
総勢24選手が参加
 
 札幌地方自動車整備振興会(柿本純会長)は22日、第35回自動車整備技能競技札幌大会を同会で開いた。専業(8人)とディーラー(16人)の各部門で実車競技から整備技能を競った結果、専業では十亀裕明選手(田中自動車整備工場)、ディーラーでは阿部純也選手(札幌トヨタ自動車琴似支店)が優勝した。
  

car-ani