北海道自動車業界のオピニオンリーダー!

タイヤ
バックナンバーロゴ
11月24日
第2486号


JU札幌 交通遺児チャリティAAで市に車いす2台寄贈
車体整備特集〜需要縮小時代を生き抜く〜
北整連 OSSの流れ確認へ7整振経理担当者に説明会
JU北見 網走市へ商品中古軽自動車税免除を陳情
道運輸局 人手不足の業界支援に改正物流効率化法説明会
あいおいニッセイ札幌 損保業界初の自治体連携を江別市と協定
USS札幌 年内最大のパワフルAAに3,870の台出品

週間ニュースの詳しい内容は
本紙に掲載しております!!


AIRオートクラブ道ブロック役員会
車検増の下期に期待
道内4支部入賞目指す
保険認定制度へチャレンジ
  
AIRオートクラブ  一昨年4月に、AIRジャパンとNKオートクラブが統合し誕生したAIRオートクラブ(丹野司会長)の北海道ブロック(後藤敏章ブロック長)は17日、ブロック役員会をTKPガーデンシティ札幌駅前を会場に開催、下期の活動内容や、ブロック及び各支部の年間表彰制度への入賞を目指していくことなどを確認した。
  

  JU札幌
 
市に車いす2台寄贈
JU札幌社会貢献活動
交通遺児チャリティAA
 
 JU札幌(問谷功三会長)は社会貢献活動の一環として、札幌市に対して車いす2台を贈った。車いすの寄贈は2010年から実施しており今回で7回目となる。
 
 
 
  

特集カット
需要縮小時代を生き抜く
入庫確保へ選ばれる工場に
継続した自社PRが不可欠
 
 今年の道内の本格的な冬の到来は、例年にも増して早くなっている。札幌は、11月上旬としては観測史上最高となる積雪量を記録したほか、道北や道東なども早い段階で積雪状態になるなど、全道的に雪の季節が早かった。
 それに伴いスリップ事故も多発し、車体整備業の冬季繁忙≠熨O倒しでスタートしているが、事故車修理業界を長い目で見ると、市場の縮小は避けられそうにない状況が見え隠れする。特集から今後の車体整備業のあり方を模索したい。
なお、本紙にて『車体整備特集』(5ページ建て)を組んでおります。
詳細について購読を希望される方は、本社までご連絡ください。
  

北整連 OSSの流れ確認
7整振経理担当者向け説明会
北整連
 
 来年4月に稼働する継続検査ワンストップサービス(検査OSS)に向け、道内7整備振興会の経理・総務担当者を対象にした説明会が14、15日の両日、札整振を会場に開かれ、参加した21人が検査OSSに関する経理・総務の事務処理の流れなどを確認した。
  

JU北見 実現へ!!網走市にも陳情
商品中古軽自動車税免除を
 
 北海道中古車販売協会北見支部(京塚啓司支部長)は16日、網走市にナンバープレートのある商品軽自動車に対する軽自動車税免除措置の実施を求める陳情を行った。同様の陳情活動は昨年6月の北見市に次いで2件目。京塚支部長は「早期の解決が望まれるが、要望や陳情を繰り返しながらの長い道のりの中でも実現を目指していきたい」と話している。
  

道運輸局
人手不足の業界支援
北海道運輸局
改正物流効率化法説明会
 
 北海道運輸局(石ア仁志局長)は15日、トラック業界の労働力不足に対応し更なる物流効率化を推進する「改正物流総合効率化法」の説明会を同局で開催、運送事業者など約80人が参加した。
  

損保業界初の自治体連携協定
防災に向け第1弾は江別市
あいおいニッセイ同和損保札幌支店
 
 あいおいニッセイ同和損保保険札幌支店(古澤秀彦支店長)は21日、損害保険業界では初の自治体との連携協定を締結した。初の協定は江別市(三好昇市長)で、今後も連携する自治体を拡大する予定だ。
 

パワフルAAに3,870台
U S S 札 幌
年内最大のオークション
USS札幌
 
 ユー・エス・エス札幌会場(菅田幸康執行役員札幌会場長)は16日、「パワフルAA」を開き、出品台数は3,870台だった。
 札幌会場では四半期に一度の大オークションを企画しており、今回は10〜12月の第3四半期で最大規模を誇るイベント。
 

car-ani